浮気調査の平均日数は?

  • 2021年8月29日
  • 2021年9月4日
  • 調査
  • 3view

探偵に依頼するなら「早く調査結果を知りたい」と思われるでしょう。早く結果が出るということは、金銭的な負担や精神的な負担を減らすことにも繋がっていきます。

浮気調査にどれだけの日数が必要なのか。 そこで、今回は探偵へ浮気調査を依頼してから、浮気調査の結果がわかるまでの期間とその平均日数についてご紹介したいと思います。

浮気調査の結果がわかるまでの期間とは?

浮気調査の期間について簡単にご説明します。

まず、浮気調査の期間とは、浮気調査を探偵へ依頼してから、探偵が浮気調査を完了するまでのことです。

この浮気調査の期間が、平均で1週間~1ヶ月ほどといわれています。1週間~1ヶ月と浮気調査の期間にバラつきがあり、このバラつきが生まれる理由は3つ考えられます。

  1. 依頼者ごとに違う浮気の事情
  2. 事前調査を含むため
  3. 浮気の証拠を複数手に入れる

①ですが、配偶者が不倫相手と会う頻度や会う場所など依頼者の案件毎で様々です。毎週末会う不倫カップルもいれば、月一回の不倫カップルもいます。そのため浮気調査の期間にバラつきが生じます。

②にですが、依頼者が調査日時を全く絞れていないような状況であれば、本調査日を決定するためにGPSを用いて事前調査(下見調査)を行ったりすることがあります。これは、探偵社の調査方針にもよるかもしれません。

③に関してが一番重要な要因です。浮気の証拠を複数手に入れるために必要な調査期間が最低1週間一般的には1ヶ月ほどの時間が必要といわれています。

浮気調査の平均日数は1週間~1ヵ月程度。
探偵社のホームページを見ると「即日」調査可能!などど書かれていることがありますが、即日の調査はあまりお勧めしません。
調査の成功率は事前調査をどの程度するかにもよります。探偵は事前調査もなく即日の調査をする場合には、あらゆるケースに対応できるように「調査人数」を増やしたり、「調査時間」を余裕を持って設定します。
つまり、即日での調査は料金は割高になり、さらに調査成功率が下がる傾向にあります。

浮気の証拠が手に入るまでの平均日数とは?

ここまで浮気調査を完了するまでの期間が1週間~1ヶ月とご紹介しました。紛らわしいですが、浮気調査の完了する日数と浮気の証拠が手に入るまでの日数はイコールではありません。

気を付けなければいけないのが、例えば探偵に一か月調査を依頼したとしても毎日調査をするわけではないということです。あるサイトのアンケート結果によると、1週間~1ヶ月の間に、何日(何回)の調査を行うのか、その平均日数は3日~5日となっています

先程の①で簡単に触れました通り、ほとんどの人が、浮気相手と会う回数は1週間に1回とか、月に2~3回といわれています。浮気をしている人が毎日不倫(浮気)相手と密会するのは稀なケースです。

探偵に依頼する際には、調査日数に探偵が必ず調査をするのか確認しましょう。

不倫の証拠は3~5回(日)調査すると手に入るのが平均的な日数。

調査の途中経過の報告はしてもらえる?

浮気調査を1週間~1ヶ月の期間で行った場合、その期間中は浮気調査の結果を教えてもらうことは出来ないのか?と気になった人もいるでしょう。

これは探偵社によって違いがあります。依頼者へ浮気調査の途中経過を報告する探偵と、途中経過の報告をしない探偵がいます。

どうして浮気調査の途中経過を教えてくれる探偵と教えてくれない探偵がいるのかと言えば、料金の支払いが影響しています。

探偵が浮気調査で依頼者から報酬を得るためには、結果(浮気の証拠)を手に入れる必要があります。探偵が依頼者から報酬を受取る前に、依頼者が浮気調査の結果を知ったらどうでしょうか?

探偵は、報告したことで「浮気調査の報酬を支払ってもらえないかもしれない」と考えてしまうのは仕方のないことかもしれません。

そのため、途中経過を教えてくれる探偵と教えてくれない探偵ができあがるわけですが、依頼者としては早く結果を知りたい、浮気調査の進捗状況を知りたいと思うはずです。

そこで、浮気調査を依頼する探偵を決めるときは、調査期間がどれくらい必要なのか、また、浮気調査の途中経過を報告してくれるのかを事前に確かめてから、依頼先となる探偵を決めるといいでしょう。

浮気調査の日数を短くする方法とは?

ここからは角度を変えて、探偵に依頼する調査日数を短縮する方法をご紹介します。

探偵にお願いをすれば日数を短縮することが可能ですが、浮気の事実が分からなかったり、不倫の証拠が撮れないようでは意味がありません。そこで、望む結果が得られて調査日数を短くする方法をお伝えします。

イベント日に浮気調査を行う

先ずはイベント日に合わせて調査を行う方法です。例えば、誕生日やクリスマス、バレンタインデーといった日を狙って浮気調査を依頼します。

また、イベントがあった日、相手が外出をした日を、メモや日記に記録することで、調査対象者の行動パターンを分析できます。

調査対象者が次に浮気相手と会う日を予想するために必要な情報を集めておくことも大事です。

連休中を狙って浮気調査を行う

ゴールデンウィーク、お盆休み、年末年始の休みなど、 仕事が長期休暇に入るのを狙って浮気調査を行います。

長期休暇が無い場合は、連休や有給を取っていないか調査対象者のスケジュールをよく確認する必要があります。

週末だけ浮気調査を行う

いつ浮気相手と会っているのか予想できないという人は、週末に浮気調査を依頼することをおすすめします。調査対象者と浮気相手が休みの重なりやすい日というのは、やはり週末(金、土、日曜日)です。

もし、浮気相手が同僚だと仮定するなら「会社カレンダー」に合わせても良いかもしれません。

いつ調査をするか悩んだら、週末だけ調査を試すのも一つの方法です。このように、特定の日を狙って浮気調査を依頼すれば、調査日数の短縮することが可能です。

浮気する日をGPSで見当をつける

パートナーの行動の中心が自家用車であれば、車にGPSを取り付けて「怪しい日時」の検討をつけることが有効です。
GPSの記録から、怪しい場所に立ち寄った時間や頻度を確認することで、浮気のパターンを把握することができます。

その情報を元に探偵に依頼する事で、調査日数を相当短くできる可能性があります。GPSは誰でも簡単に用意できますが、GPSの使用に関して不安があれば先ずはGPSレンタルをお勧めします。

GPSレンタルで評判の事業者の一つに「イチロク」があります。こちらをご参考ください。

GPSレンタル「イチロク」
4

イチロク

イチロクは、最高性能GPSのレンタルサービスです。
スマートフォンやiPhone(アイフォン)から「リアルタイム」で位置情報を確認可能。
パートナーの浮気や行動把握にはGPSレンタルがおすすめです。

事業者名

株式会社 ミッドリブ

利用料金

6,800円~

対応地域

全国対応

ポイント①

最新最高性能GPS

ポイント②

スマホで簡単に位置検索

ポイント③

完全無音で浮気調査向き

成功報酬制の探偵に依頼する

上記の方法からでも全く怪しい日時を特定できないような場合や、「浮気はしていないかもしれない」と証拠が撮れる自信が持てないときには「成功報酬制」での調査が可能な探偵を探して依頼することが手っ取り早いです。

時間制の調査とは違い「成功報酬制」であれば、そもそもの調査時間を気にしなくて済むようになります。また、契約時に調査にかかる総額が分かるため安心して依頼することもできます。

ただし、調査の成功の定義は探偵社毎に違うケースがありますので、「何をもって成功とするのか」は依頼前に必ず確認するようにしましょう。

調査日数を短くすることが難しいなら「成功報酬制」の探偵に依頼するのが安心。
浮気調査の平均日数は?
最新情報をチェックしよう!
>仙台探偵.comがおすすめの探偵社を紹介

仙台探偵.comがおすすめの探偵社を紹介

仙台探偵.comが宮城県での浮気調査で条件に合うオススメの探偵事務所をご紹介いたします。
宮城県内の調査は仙台市に拠点を構える事務所に依頼するのが、調査の成功と依頼料金を抑えるコツです。